スムージーの作り方でこれを気を付けよう

スムージーは誰でもミキサーさえあれば作ることが出来るものですが、作り方を間違えてしまうとダイエットに失敗する危険があります。

 

せっかく自分で作ったスムージーなのにダイエット効果がまるでないのでは意味がありませんよね。では、スムージーの作り方は何に気を付けたらダイエットに効果があるのでしょうか?

 

ここでは、スムージーに関することの中でも、ダイエットにちゃんと効果の出るスムージーの作り方についてご紹介いたします。

 

スムージーの作り方で気を付けること

スムージーの作り方で気を付けたいポイントをご紹介いたします。

調味料は入れない

そもそも本当のスムージーとはどんなものなのかと言いますと、野菜・果物・水だけを使った自然の栄養をそのまま摂取することの出来るものです。そのため、調味料などの他の栄養素を入れてしまうと肝心の野菜や果物の栄養が摂取しにくくなってしまうのです。

必ず食材は洗ってから使う

有機野菜や無農薬野菜ではない、スーパーで普通に売っている食材は基本的には農薬がしっかりとついていることがほとんどです。防腐剤などは体の中に入れないに超したことはないので、出来るだけしっかりと洗ってから使うようにしましょう。

スジは取り除く

スムージーを作る時には、野菜のスジはしっかりと取っておかないと出来上がりが美味しくない時がよくあります。一手間をかけるだけで飲みやすくなるので是非行ってくださいね。

余った食材はすぐに冷凍保存する

食材は、畑から引っこ抜かれた時点からどんどん酵素が抜け落ちてしまっています。そのため、野菜などを切ってそのままにしておくと更に酵素がなくなっていきますので、出来るだけ新鮮さを保つためにも素早く冷凍庫で保管するようにしましょう。

下茹ではしない

根菜類だとそのままスムージーにすると固さが残るのでは?と心配になって下茹でをする人が時々いますが、沸騰した中に野菜を入れてしまうと殺菌は出来ても野菜の栄養素はほとんどなくなってしまうのが現状です。スムージーを作る時には下茹では避けましょう。

作り方で不安な時は市販のものでもOK!

このようにスムージーの作り方には難点が注意することがあるということが分かりました。でも、このような作り方の注意事項をいちいち気にしていたらなかなか作れないという人も中にはいるでしょう。

 

そんな時には、市販のものやインターネット上で売っているスムージーを使ってみるのもとてもおすすめです。その中でもぜいたくレッドスムージーというスムージーには、健康面、ダイエット、美容面でもとても効果の高いスムージーになっていますのでオススメです。気になった人は是非使ってみてください。

スムージーの作り方のまとめ

スムージーの作り方には、何点が気を付けたいポイントがあるということが分かりました。これをしないと、せっかく自分でスムージーを作ってもどんどん栄養は逃げていってしまいますので注意しましょう。