スムージーのレシピをご紹介!

スムージーを自分で作ってみようと考える人は、女性の料理好きな方ならいるのではないでしょうか?スムージーは想像すると野菜や果物を美味しくジュースのようにしたものだということが分かりますが、一体何を入れると美味しくスムージーが出来上がるのでしょうか?

 

ここでは、スムージーに関することの中でも、絶対に美味しく出来るスムージーのレシピをご紹介いたします。このレシピを参考にスムージーを作れば美味しく出来るはずですので作ってみてください。また、こちらのスムージーレシピでは、ダイエットにもちゃんと効果のあるレシピをご紹介いたします。

 

スムージーのレシピを教えて!

「自分の家でも美味しくスムージーが作りたい!でもちゃんとダイエット効果もないと意味がない!ではどんなレシピがいいの?」とスムージーのレシピに悩んでいる人はこちらのレシピから土台は固めてみてはいかがでしょうか?

冷凍マンゴー豆乳スムージー

材料

冷凍マンゴー、豆乳、ヨーグルト、バナナ

レシピ

上記の材料を全てブレンダーに入れて出来上がり!冷凍マンゴーは糖分が結構あるので、あまり入れすぎないようにしましょう。甘味の加減で使うくらいが丁度いいです。

バナナミルクスムージー

材料

バナナ、牛乳、蜂蜜

レシピ

バナナ、牛乳を入れてミキサーにかけます。味をみて甘味が欲しい場合には蜂蜜を足すようにしましょう。バナナを冷凍させるとより美味しく出来上がります。

ブルーベリースムージー

材料

ブルーベリー、キャベツ、みかん、豆乳

レシピ

キャベツは一口大に切ります。みかんは使いたい分だけ皮をむいておきます。みかん→ブルーベリー→豆乳→キャベツの順番にミキサーに入れて出来上がりです。

 

スムージーで絶対に必要なもの

スムージーを作る時には、必ずミキサーが必要になります。このミキサーがないと上手に果物や野菜をブレンドすることが出来ません。では、どんなミキサーを選ぶのが良いのかと言いますと、出来るだけ低速のミキサーを選ぶ方が良いです。

 

何故低速のミキサーを選ぶ方がいいのかと言いますと、高速ミキサーだと野菜や果物の中に含まれている酵素まで多く壊してしまうからです。

 

せっかくフレッシュなできたてスムージーを飲むことが出来るのに、酵素が入っていなければダイエット効果も半減してしまいますので、ミキサーを選ぶ時には低速ミキサーを選ぶようにしましょう。

 

スムージーに関するレシピのまとめ

スムージーを自宅で作る時には、ミキサーがあれば誰でも作ることが出来るということが分かりました。もしもこれからミキサーを買おうとしている方は、出来るだけ低速のミキサーを選んで栄養成分が逃げないようにしてくださいね。

 

スムージーのレシピでは、ダイエット効果を得るためにも出来るだけ野菜を入れて、甘味は砂糖ではなく蜂蜜で甘味をつけることがポイントです。でも、やっぱり自分ではスムージーが難しいと感じる人はぜいたくレッドスムージーをオススメします。とても美味しくてダイエット効果も抜群にありますよ!