スムージーはいつ飲むのがいいの?

スムージーを飲む目的は色々な目的がありますよね。実は、その目的によってスムージーを飲む時間やタイミングが変わることをご存じでしょうか?

 

もちろん、オススメする時間でなくてもスムージーの効果はあるのですが、スムージーをいつ飲むかということまでしっかりと行った方が効果が出るのも早いのです。ということで、ここではスムージーに関することの中でも、目的別にスムージーをいつ飲むのが効果的なのかということをご紹介いたします。

 

ダイエット目的の場合

ダイエット目的の場合はスムージーをいつ飲むのが効果的なのかと言いますと、多くの人は朝食をスムージーに置き換えるという置き換えダイエットとして朝にスムージーを飲むことが多いです。

 

しかし、実際にはダイエット目的でスムージーを飲む場合には夜にスムージーを飲む方が良いのです。また、もしも短期間にスムージーダイエットで成功したいと考えるなら、夜と朝の2食をスムージーにすると効果が早まります。もしも2食をスムージーにする時には、出来るだけ昼食はタンパク質を摂取しておきましょう。

美容目的の場合

美容目的でスムージーを摂取する場合はいつ飲むのが効果があるのかと言いますと、こまめに摂取するのが効果があります。

 

摂取方法としては、スムージーを飲もうとする40分〜1時間前は空腹にしておき、その後にスムージーを飲むという方法で行ってください。1日に摂取するスムージーの量としては、大体1リットル〜2リットル飲みましょう。

健康目的の場合

健康になりたいと思ってスムージーを飲む時には、朝に飲む方が良いです。理由は、朝はお腹の中が空腹になっているため、スムージーの中に入っている沢山の酵素が体の中に染み渡って一番吸収しやすいからです。

 

お昼や夕食ですと、どうしてもお腹が休まっている状態ではないので朝食よりかは吸収が少なくなります。

どんな場合でも注意すること

色々な目的でスムージーを飲む時間が変わるということが分かりましたが、二つ注意することがあります。まずは、スムージーを飲む時にはゆっくりと噛みながら飲むということです。

 

スムージーのイメージとしてフレッシュな状態のものを出来るだけ早く飲まなくてはと考えてしまう人がいますが、これは間違いです。口に入れたら唾液と混ぜながら、ゆっくりと噛むようにしてお腹まで運びましょう。

 

また、キンキンに冷えた状態のスムージーは体も冷えて代謝が悪くなってしまいがちです。そのため、冷えすぎたスムージーを作るのではなく、出来るだけ常温のスムージーを作るようにしてください。

 

この二点の注意事項は、いつ飲んでも注意しなくてはいけないことです。せっかく体に嬉しい成分が沢山入っているものを摂取するわけですから、体が喜ぶ方法で体内に運んであげましょう。

スムージーはいつ飲むかについてのまとめ

スムージーについては、目的によっていつ飲むかが違ってくるということが分かりました。自分が行いたい目的に合わせて飲み方を変えてみてくださいね。