スムージーでバナナを使うことのメリットとは?

スムージーのレシピを見ていると、バナナを使っているレシピがよくあることに気がつくはずです。確かにバナナジュースはとても美味しいですが、そもそもスムージーにバナナを加えるとどんな良い効果があるのでしょうか?ここでは、スムージーに関することの中でも、バナナを使ったメリットについてご紹介いたします。

 

スムージーでバナナを使うメリット
バナナには、結構色々な効果があることで知られています。一時「朝バナナダイエット」というものが流行ったようにダイエット効果もしっかりとあります。そんなバナナをスムージーで使うメリットをご紹介いたします。

ダイエット効果

まずは、先程もご紹介した通り、バナナにはダイエット効果がありますのでスムージーに使うと継続している間にどんどん太りにくい体質を手に入れることが出来ます。

デトックス効果

バナナには栄養がとても豊富に含まれていますが、注目したいのは食物繊維です。この食物繊維が豊富に含まれているので、食べ続けていると頑固な便秘も解消させることが出来ます。

花粉症抑制効果

実は、バナナには花粉症を抑制する効果もあるのです。特に春になると出てくるスギ花粉には症状を抑制する効果があることが実験結果からも分かっていますので、是非食べたいですね!

脳にエネルギー補給をする効果

バナナには、セロトニンという物質を合成させる元となるものが存在します。このセロトニンには、脳の集中を高めたり、脳が活発に動く働きをすることで知られています。受験勉強の時などにはとても有効ですね!

 

スムージーバナナの簡単レシピ

バナナを使ったスムージーでは上記のようなメリットを得ることが出来るということが分かった所で、実際にバナナを使ったレシピを一つご紹介いたします。

 

「蜂蜜バナナヨーグルトスムージー」
バナナ一本を輪切りにし、ヨーグルト(無糖)、レモン汁を加えたらミキサーを回します。最後に蜂蜜で味を調えたら出来上がりです。

バナナを使う時の注意点

バナナは、上記のような嬉しいメリットがあるからと言って大量に食べてはいけません。1日に推奨されているバナナの本数は1日1〜2本です。バナナは栄養豊富ですが、食べ過ぎるとカロリーオーバーになったり、便が緩くなってしまう時があり、逆に体調を崩しかねませんのであまり食べ過ぎないようにしましょう。

バナナスムージーに関するメリットのまとめ

バナナでスムージーをすると、他の果物では得ることの出来ない嬉しいメリットが沢山あることが分かりました。でも、食べ過ぎは逆に体調を崩してしまいますので、1日に食べるバナナは1〜2本にしておきましょう。

 

ちなみに、バナナ以外にももっと栄養がほしいという方や、もっと沢山の果物も混ぜたいという人には、ぜいたくレッドスムージーというスムージーをおすすめします。こちらのスムージーなら美容にもかなり効果がありますので健康面以外のメリットが沢山ありますよ!